完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

カラダを芯から整えるボディワークセッション/東京・東日本橋

体を変える新しい視点とは

カラダを見直すセッションとは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

東京・東日本橋で活動しています。竹野です。

カラダを見直すセッションを提供しています。

今回はカラダを見直すセッションについて書いてみようと思います。

カラダを見直すこと

カラダを見直すことは、自分のカラダを知り、自分の感情を知り、体の使い方を学んでいくことです。

 

あなたが抱えている困っていることは色々とあると思います。

  • 肩こりがつらい
  • ぎっくり腰が癖で困っている
  • ランニングすると膝が痛い
  • テニスで手首が痛い
  • 変形性関節症で痛みのある

これらの解決する情報はネットにたくさんあります。

 

それでも解決できない人には目を向ける場所を変える必要があります。

 

それは「方法」ではなく「あなた自身の体」です。

 

まずは自分のカラダを知ることです。

 

どんな呼吸をしていて、どんな関節が動かなくて、どんな立ち方をしていて、どんな感情の時に体が苦しくなるのか。

 

まずは自分を知ることです、

 

そして、今の状態を知ってから目的の状態をイメージすることができます。

体の状態を表現してくれるのが「可動域」

可動域は「関節が動く範囲」のことを言います。

 

そして、その関節を動かす筋肉が私達のカラダにはたくさん存在します。

筋肉の数は約600個あると言われています。そして、これらをIMACの可動域評価を使って行います。

参考までに動画をご覧ください

詳しい説明は「セッションの様子を少しだけ公開します」のブログをご覧ください。

 

可動域というのは柔軟性が「ある」「ない」を教えてくれるものだけではありません。もっと、たくさんのことを教えてくれるものです。IMACにはその方法があります。

体を見直すことで得られるもの

私は体に抱えている問題が「ある」「なし」ではなく、不調のない体=「安心する体」を持つことを大切にしています。

 

具体的には

全身のバランスがとれている状態であれば、体の生理的機能(例:呼吸、自律神経、自然治癒力など)が適切に働いている状態。そして、自分自身で自分を管理できること。

 

全身のバランスがとれている状態は、痛みの改善〜パフォーマンスアップまで大きな影響を与えます。

カラダを見直された方の声

信越五岳を完走したトレイルランナーさんの声

単純に対処療法をしてもらうよりも、トレーニングで身体全体がバージョンアップできるイメージがあったのと、体をいい状態に整えてもらいトレーニングをすること、疲れが抜けやすかったり、より動かしやすい身体になる感覚を得た

体の状態を見直すと、走り方の変化や自分のカラダを知ることで練習量を調節することができたそうです。

 

腰痛と股関節痛を抱えていた70代女性の方からSNSを通して、感想を頂きました。

竹野さんの施術が6回のクルーが終了しました。この3ヶ月の間、腰も肩も快調👍今まで数限りなく色々なことをしてきましたが私の体に1番の成果です🤘これからは1ヶ月1度の割で施術を受けます、紹介をしてくれた相賀コーチに感謝、何時迄も自分の足で歩けそう😃

この方は変形性股関節症をお持ちの方ですが、プールで泳ぐのが好きで、お友達と出かけることが好きで、それをこれからも続けていきたいという思いでセッションを受けられました。

 

↓↓その他のケースはお客様の声のページでご覧ください。
お客様の声のページに行く

 

オンラインセッション始めています。

体の相談はしてみたいけど、時間が合わない。場所が遠い。などがある方はオンラインセッションをご用意しています。

オンラインセッションを始めます。

ご興味のある方はお申し込みください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2019 All Rights Reserved.