完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

手技使って、カラダを見直すパーソナルセッション/飯田橋・広尾

本来ある状態にカラダを整える6回コース

足首が硬い原因として考えられること。簡単編

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋、広尾で活動しています。竹野です。

日頃はカラダを見直すセッションを提供しています。

足首が硬い!というブログを前に書いたのですが、少し内容が難しいということなので簡単編を書いてみようと思います。

↓↓もう少し詳しく書いています。

足首が硬い!原因として考えること

足首が硬い原因は一つではない。

本来であれば、足首が硬い状態とは「どんな状態なのか?」という話が重要ですが、細かいところは割愛していきます。

足首が硬い時にみなさんが行うことは、

  • ストレッチ
  • セルフリリース
  • マッサージ

あたりだと思います。

それらのやり方は下記動画や記事を参考にしてください。

これらは、あくまで筋肉や軟部組織(わかりやすい表現だと筋膜)にアプローチしています。

 

しかし、それ以外にも様々な要因で足首が硬くなることがあります。

 

  • 関節の適合性が悪い(関節のゆがみがあること)
  • 筋肉の緊張がある(筋肉が硬いこと)
  • 神経の問題
  • 足首周りにある結合組織の問題(支帯など)
  • 姿勢の問題(重心位置と荷重の位置)

細かく考えれば考えるほど、いろいろな要因があるのですが今回は無視してください。

筋肉が張ったり、硬くなった原因は?

足首が硬いのは「ふくらはぎの筋肉が硬かったり、張ったりする」からと考えて、ストレッチしたり、マッサージしたりすると思います。

 

では「ふくらはぎの筋肉が硬かったり、張ったりする」原因はなんだろう?って考えてみませんか?。

 

その原因もたくさん考えられますが、そのうちの一つとして姿勢があります。

 

要は立ち方によって、一部分だけ筋肉を過度に使ってしまう場合があります。

 

それによって、ふくらはぎの筋が硬かったり、張ったりします。

 

もう少し適切な言葉を使うと「ふくらはぎの筋が緊張し続ける」ですが、これも無視しましょう。

 

では、どんな立ち方をすると「ふくらはぎが硬くなる」と思いますか?

つま先に重心になりやすい人です。

一概には言えませんが、それでも敢えていうと「つま先重心」の人です。

みて欲しいのは「befor」の写真です。

つま先重心の人がつま先立ちをした際に左側のような動きになることが多いです。前に突っ込む感じです。

このような動きの場合、前に倒れないように「ふくらはぎの筋肉を緊張させる」ことが多いです。

これは、普通に立っていても、動いていても緊張しつづけます。

では、重心が前に移動するのは?

さて、ここまでくるとドンドン難しい話に突入しそうですね。

 

つま先重心の人に重心の位置を適切にするために一度見直して欲しいことが「呼吸」です。

 

ちゃんと呼吸ができていることは、とても大切です。

 

↓↓呼吸については下記の2つの記事を参考にしてください。

本来ある呼吸を大切にすること

力が抜けない人は、まず息を抜くこと

 

話を戻しますが、つま先重心の場合は常に前に倒れそうな状態なので、ふくらはぎや背中の筋肉を緊張させていることが多いです。

筋肉や関節の動きが悪くなるのは、カラダ全体の問題として考える

前に書いたものも、今回も、皆様に伝えたいことは一つです。

 

 

足首が硬いのは、足首だけではなくカラダ全体で考えて欲しい。

 

ということです。

 

足の問題が足にある場合もあれば、足の上に乗っている脚や胴体や頭の問題が足に表れることもあるのです。

自分のカラダに興味を持つこと

このブログを読んで下さっているのは、自分のカラダが抱えている問題を解決したいと思っているからだと思います。

 

この機会にご自身のカラダについて色々と知ってください。ネットに載っている情報も大切ですが、あなた自身のカラダの情報はネットにはありません。

 

自分のカラダを知ることは、自分を知ることだと思っています。

 

自分を知ることは、自分自身の色々なことを気づかせてくれます。

 

その気づきが「変わるきっかけ」になるかもしれないです。

 

ぜひ、自分のカラダに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

簡単編の第2弾、肩こりと呼吸についてです。読んでくださいね!

呼吸と肩こりの関わり。簡単編

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2019 All Rights Reserved.