完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

手技使って、カラダを見直すボディワークセッション/飯田橋・広尾

本来ある状態にカラダを整える6回コース

ボディワークとは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋・広尾で活動しています。竹野です。

体を見直すセッションを行っています。

今日は私のセッションの考え方の一つであるボディワークについて書いてみます。

ボディワークとは

ボディワークの大きな意味として

身体に対して働きかける技法

のことを言います。

なので、その働きかける方法はいろいろとあります。

  • ヨガ
  • ピラティス
  • 操体法
  • ロルフィング
  • タイ古式マッサージ
  • 整体

これらも一種のボディワークの方法と言えると思います。個人的にはトレーニングも方法次第でボディワークになります。

 

上記の本に、このように書かれています。

ボディワークが目的とするものは、リラクゼーションや治療(身体的にも心理的にも)ではありません。

 

二次的効果として慢性症状(たとえば身体的不快感)の緩和などが挙げられはしますが、本来的には、身体機能、身体バランスの向上が目的となります。

 

ボディワーク・セッションに欠かせないのは、クライアントの主体的(1人称的)参加です。そのために、体性感覚への働きかけが重視され、自らの身体を「内側」から観察するというプロセスが必須となるのです。

というのが、ボディワークの定義とされることが多いです。

 

例えば、ヨガを行なったら腰痛が改善した!の場合。

ヨガ自体で身体機能やバランス向上が得られた結果として、腰痛が改善したという考え方です。直接的にヨガが腰痛を改善させているかは、また別に考えるべきことです。

 

ただ、実際にこのような体験をされている方は多いのではないのでしょうか。

クライアントさんとセッションを重ねたことから考えた、私が思うボディワーク

ここからは私の現時点での考えです。特別な考え方などありません。

 

私が大切にしているのは

空間身体の変化を体験(体感)し、観察すること

だと考えています。

 

場や空間を意識したことはあるでしょうか?

 

例えば、同じスターバックスコーヒでも店舗が違えば居心地の違いに気づきませんか?

 

オシャレで静かな空間と学生が多くてガヤガヤしている空間では身体の反応は変わります。

 

セッションという場においても、日頃の生活の空間と違います。

 

その場や空間を体験した時に、カラダやココロがどんな反応するのかを観察することが大切です。

 

その体験が「自分の体を知るきっかけ」になります。

では、これらを体験したからと言って、どんな効果があるのか?と思いますよね。

 

私自身としては「人それぞれです」としか言えません。

 

ただ、それだとイメージが付かないので私のクライアントさんの言葉をお借りすることにしましょう。

 

  • 自分の枠の外側を知るきっかけになった
  • 体が整うと、心も整う感じがした
  • 肩こりが改善した
  • 適切な判断が上手にできるようになった
  • 心の浮き沈みが減った気がした
  • 体に対する不安がなくなった
  • 腰痛が減った

 

という感想をいただきます。

 

私のセッションでは、カラダを本来ある状態に再構築していくことを大切にしています。

 

ご興味のある方は、お待ちしております。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2019 All Rights Reserved.