完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

手技使って、カラダを見直すボディワークセッション/飯田橋・広尾

本来ある状態にカラダを整える6回コース

自然な呼吸をするために自分でできること。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋・広尾で活動しています。竹野です。

体を見直すセッションをしています。

今日はセルフでできることを紹介します。

大切にしてほしい1つの考え方と、用意してほしい3つのこと

自然な呼吸を行うには、ただ呼吸をすればいいと言うわけではありません。

 

問題ない呼吸をしていると言う自負がある方は、この記事は読む必要はありません(笑)

 

大切にしてほしい1つの考え方は、

 

呼吸を観察すること

 

です。

 

用意してほしい3つのもの

 

①身体の状態

②環境

③時間

 

になります。

呼吸を観察すること

自然な呼吸をしたいと思えば思うほど、自然な呼吸はできません。

自分がどんな呼吸を観察していくことです。子供が寝ている時みたいに静かだとgoodです。

 

  • テンポ
  • 呼吸の大きさ
  • 心地良さ
  • テンポが変化する時

 

ただただ、観察していくと色々な呼吸があることに気づくことができると思います。その変化を観察してください。

写真のように手を肋骨の縁に置いて、肋骨やお腹の動きも観察してみましょう。

身体の状態をつくる

呼吸を観察する時に「身体の状態」は大切です。

 

理想は、

①食後2〜3時間後

②飲酒していない状態

③お風呂後(スッキリしているとき)

がいいと思います。

 

要は寝る前です(笑)

 

特に飲酒すると呼吸が乱れることが多いので、自然な呼吸を行うのも、感覚として経験するのも難しいので飲酒しない日にやってみましょう。

環境をつくる

呼吸を観察する時に、余計な刺激は少ない方がいいです。

 

横でパンクロックがガンガンに響いていて、落ち着いて呼吸を観察するのは無理です。質が下がるので止めましょう。

 

真っ暗である必要はありませんが、蛍光灯で眩しすぎる環境もお勧めしません。

目は瞑っていても、瞑っていなくても、どちらでもいいです。

 

自分が落ち着く状態であれば、良いです。目を瞑るとすぐ寝ちゃう人は開けておきましょう。

 

少しだけ暗い感じがいいかもしれないですね。

時間をとりましょう

呼吸を観察するには、時間が必要です。

 

また、その変化や静かになっていくためにも時間が必要です。

 

何をもって、静かな呼吸と言えるかは非常に文字で伝えるのは難しいですが、体が勝手に呼吸をしている感覚です。

慣れてくると、寝ても、起きても、電車に乗っていても、どこでもできるようになりますが、最初の頃は寝ている状態でゆっくりやることをお勧めします。

 

色々やってみたけど、上手にできないなぁ〜という方はカラダの構造からアプローチした方がいいかもしれないです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2019 All Rights Reserved.