完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

赤坂・飯田橋で活動中!姿勢改善で体を根本的に見直すパーソナルセッション

姿勢を根本から見直す6セッションコース

基礎を大切にすること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

物事を理解した上で指導すること

筋力を向上させることと、パワーを向上させることは似ていますが違います。この違いをなんとなく知っているのではなく、正しく理解した上でクライアントさんに向き合いたいと思っています。

バイオメカニクスを学ぶ

バイオメカニクスをwikiで調べると

生物の構造や運動を力学的に探求したり、その結果を応用したりすることを目的とした学問である。生体力学あるいは生物力学などと訳されることもある

と書いてあります。

高校で物理を学んだ人は「ベクトル」とか聞いたことがあるかもしれませんが、人が動いている時にどのような力が働いているのかを力学的に考えることです。

私の場合は、SOMのIESで学ぶ

実は柔道整復師の国家試験ではバイオメカニクスはほとんど勉強しません。運動学という科目は国家試験では200問近くある問題のうち10問しかありません(笑)。なので、実はしっかり学んだことがなかったのですが、SOMのIESで学ぶうえで色々と理解が増えました。

パワーを考える

まずは、下記の記事をご覧ください。

出てくる「仕事」「パワー」「RFD」「変化率」など色々とややこしい言葉が出てきますが、これらを理解して読めるようになります。すると面白いです。S&Cのトレーニングをちゃんと考えるというのはこういうところから始まるのだなぁ〜改めて思います。(私はS&Cの指導は現在してないけど(笑))

言葉の定義

速度と速さは違う考え方ですし、速度と加速度も求める計算式が違います。似たような言葉で意味が違うことが多いので私からすると分かりづらい!って声をあげたくなります(笑)それでも一つずつ理解すると、その目の前で動作が力学的にどうなっているのかを理解しやすくなると思います。また、どのような要素を向上させたいのかを冷静に考えると、その方法も自ずと見えてくると思います。

オススメの講座

SOMのIES!!とても面白いです。オンラインなので、録画動画もあるので回数見返すことができるのはいいです。基礎から少しずつ学べます。

原理原則を大切にする

解剖学とか生理学とかを大切にする上で「なぜ?」という疑問を考えたいと思っています。腰痛を治す方法論も大切だけど、腰痛が治るメカニズムも大切にしたいと思うのです。治ったらOKだと、予防策を考えることができません。身体と向き合う際に「なぜ?」という疑問と同じくらいに今、分かっている身体のメカニズムを大切にカラダ作りに携わりたいと思います。

体験セッション受付中

体験セッション受付中です。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.