完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

カラダを芯から整えるボディワークセッション/飯田橋・広尾

本来ある状態にカラダを整える6回コース

力が抜けない人は、まず息を抜くこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋・広尾で活動しています。竹野です。

体を見直すセッションを提供しております。

今回は呼吸についてです。呼吸は色々なものに影響を与えます。姿勢においても、運動動作においても、自律神経を整えることについても、呼吸は大切です。

そんな呼吸についてご紹介していきたいと思います。

呼吸が変わるインパクトは大きい

呼吸が変わることで変わったことを少しご紹介します。

 

  • 姿勢がよくなる
  • 痩せる
  • 運動能力が高まる
  • 体が楽に動かせる
  • 心が整う

 

姿勢が良くなるのも、痩せることも呼吸の変化をきっかけに変わっていきます。

 

なぜか?と言うと、呼吸は身体の状態を表す根元に当たるからです。根元が変われば、表面的な部分も変わるからです。

 

呼吸に目を向けたことがない方は、この機会に呼吸に目を向けてみてください。

呼吸が変わると力みが減る

「力を抜いてください」と言われたことはないでしょうか?

 

  • テニスのフォアハンドで肩の力を抜いてと言われる
  • ゴルフの際に腕の力を抜いてと言われる
  • 水泳で首と肩の力を抜いてと言われる
  • マッサージなどの施術中に力を抜いてと言われる
  • 焦らず、力まずに取り組めと言われたことがある

 

色々な場面で力を抜いてと言われることがあると思います。

 

「力が入る=りきむ」わけですが、これを改善する方法はないのかなぁ〜といつも考えます。

 

実際に力んでしまう動きが改善していくには個人差がありますが、私が最初に紹介している「呼吸」についてご紹介します。

大きく吸って、大きく吐くことが呼吸ではない

呼吸については色々と大切なことがあります。鼻呼吸のこと、呼吸の量のこと、横隔膜のこと、肋骨の動きのことなど、呼吸を変える上でキーポイントはたくさんあります。

 

 

その中で今回は指導の一番始めにお伝えする「息を抜く(吐く)」ことです。

自然な本当の呼吸の動きとは

まず、私が呼吸している動画があるので見てください。


動きが小さいので、図で説明したいと思います。

 

まず、胸骨と肋骨を知りましょう。

そして、この骨の動き方が呼吸を見る上で大切になります。

 

多くの人が深呼吸というと「息を吸う」から始まる人が多いのですが、今回は「息を吐く」ことから行なってください。

 

息を吐くことは呼吸筋である横隔膜が緩むことで起こります。この横隔膜が緩むことが大切です。

 

その横隔膜が緩むと青色の矢印方向へもどります。そして横隔膜が緩みながら息が抜けると上記の赤い矢印のように胸骨や肋骨の動きが自然と降りてきます。

大切なことは意図的な動きではなく、自然に起こることです。

 

無理に肋骨を締めることは本来の呼吸に近づくことはできません。

自分の呼吸を自分で感じてみる

まず、写真のように仰向けになりましょう。そして、手を肋骨に当ててみましょう。

そして息を吐いてみましょう。

どんな動きをしていますか?

本来は息を抜くと、肋骨や胸郭が下に沈む感じになります。

そして、実は同時にお腹もしぼむ感じになります。

本来の呼吸では肋骨のある胸郭もお腹周りも同時にしぼみます。そして、息を吸う時は胸もお腹も膨らみます。

 

あなたの呼吸はどんな動きをしていますか?

呼吸に意識を向けてみる大切さ

妻に体験してもらった時も「息の吐き方なんてあるんだ!!」と驚いていました。呼吸は大きく吸ったり、吐いたりするのではなく、自然なリズムで静かに行うことが本来の呼吸のためには必要です。

 

呼吸は小さい動きなので動画でも写真でも分かりづらい為、上手に呼吸ができていない動画あったので載せておきますね。

 

これを写真で説明をすると、肋骨角が開いたまま、下に降りてきています。胸もお腹も一緒にしぼんでいる感じはないですよね。本来は肋骨が開いたり、閉じたりする動きが自然と表れてくれる良いです。

この動画の場合は息を吸って、吸った分だけ吐いている感じです。

 

この方の状態を把握できていないので正確なことはいえませんが、このような呼吸をしている方がいた場合、まずは「息の抜き方」ができる状態にしていきます。

本来ある呼吸を手にすることで、余計な力みを改善していく

上記の動画をみると、とても力みなく呼吸ができている感じではないです。まずは、本来ある呼吸を手に入れることで、力みのない状態を体感・経験していくことが「余計なりきみ」を改善していく最初の1歩めです。

 

そして、今回ご紹介した「息を抜く(吐く)」は自分のカラダの状態を知る一つの基準として活用できます。

 

例えば、すっきり目覚めた朝と二日酔いの朝で呼吸の感じを比べてみてください。休みの日の朝と大切なプレゼンの朝でも違うかもしれないです。

 

その違いに正解不正解はありませんが、まずは呼吸に目を向けてみる一つの方法として試してみてください。

自然な呼吸を手に入れるには

呼吸は「息を吸うこと」と「息を吐くこと」だけではなく、様々な動作や生理学に関わる奥深い内容です。生まれた瞬間から始まり、死を迎える最後まで行う呼吸ですから大切にしていただきたいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.