完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

赤坂・飯田橋で活動中!姿勢改善で体を根本的に見直すパーソナルセッション

姿勢を根本から見直す6セッションコース

IMAC 頭頸部編に参加してきましたよ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

お久しぶりのTEN

5月末に大阪のTENでIMACのHead and Neck が開催されたので参加してきました。今年から大きく2コースに分かれているのですが、そのうちのマニュアルアプローチコースの頭と首です。

顎と眼が新しいトピック

今回の頭と首では、私が参加していた時の内容に追加で顎関節と眼について行われるとセミナー内容に書かれていたので参加してきました。新しいトピックが組み込まれれば参加しようと考えています。

咀嚼筋の一つである側頭筋は5つの骨に関わりを持つ大きな筋肉ですよ〜の説明の図です。もちろん、その後のだから〜ってのが大切なのですが、そこは一言でかける量ではないのでIMACに参加して話を聞いて見てください!

蝶形骨の面白さ

蝶形骨という骨は多くの場所に関与しています。また、顔面頭蓋と脳頭蓋の間にある骨でもあります。

上記の画像のような位置にあるのが蝶形骨です。この蝶形骨の位置の影響や付着している筋によって、蝶形骨は大切だと言われています。蝶形骨の位置を整えるだけで、全身が改善するという人もいたりします(私的に飛躍しすぎと思っていますけど)。

眼の視神経が通る穴がある

蝶形骨には視神経菅という眼の神経が通る穴があります。また、その穴にある総腱輪という部分から眼を動かす外眼筋というのが6つ出てきます。穴の向きが変われば、視神経にも外眼筋にも影響が出そうですよね。これは確実的な話ではなく、あくまで推論の域を出ませんが可能性として全くないとも言えないとも思っています。

蝶形骨に付いている筋

蝶形骨の正しい位置というのは他の骨との相対的な位置になります。厳密に考えると正しい蝶形骨の位置ってわかりません。ただ、蝶形骨に付いている筋が左右均等に動けていれば、ある程度良いと判断してもいいのではないかと個人的に思っています。もちろん、動く幅も大切ですが話が長くなるので割愛します。要はその骨を一つ取り出して位置を考えるより、他の骨との関係、蝶形骨に関わる筋の動きを総合的に考えるのが良いと思っています。目と蝶形骨で考えると上斜筋があり、顎と蝶形骨で考えると外側翼突筋、内側翼突筋、側頭筋があります。それらの筋の働きが蝶形骨に影響を与えるは大きいです。

特に顎関節に関しては両側の動きだけではなく、片方の顎関節ごとに考えることは、とても大切だと改めて思いました。あくびした時に右に顎がズレて入れば、右の顎関節と左の顎関節で起こっていることは違いますよ。このように顎関節の動き、眼球の動きから蝶形骨を考えることも面白いですよね。

毎月、IMACの勉強会を開催しています。

実は昨日に第3回IMAC勉強会in Tokyoを開催しました。詳しい報告は後日行いますが、股関節の屈曲伸展に対してIMAC的にはどのように考え活用しているのか、可動域をチェックする時に私が気をつけていることなどを踏まえ、実際に受講生同士で実技を行います。少人数で和気あいあいと行いました。次回は6月30日の土曜日になります。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.