完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

体を根本的に見直すパーソナルセッション/飯田橋・広尾

カラダを根本から見直す6セッションコース

第3回IMAC勉強会を開催しました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

初めての試み!IMACをやってみる!

第3回IMAC勉強会を開催しました。今回はIMAC修了者だけではなく、現在受講中の方、IMACに興味のある方なら誰でも参加していただける会にしました。お陰様で満員御礼でした!

可動域の面白さ

今回は股関節の屈曲と伸展について行いました。実際に写真のように股関節を曲げる際に、どこに制限があるかを探し、アプローチする。そして、改めて可動域をチェックする流れで行いました。

受講生からは、こんな声を聞きました。

丁寧に動きをみると、たしかに左右の質が違う!
たしかに、引っかかるポイントが違う!
脚の重さを感じるとか、初めて!
など、新しい感覚に触れてもらえて嬉しかったです。

たしかに変わる!ふしぎ〜!

私自身もIMACを初めて受講したときも同じ感想でしたが、IMACの原理原則として

可動域制限は、その動きに関わる主動筋群と周辺組織、空間の制限が原因でおこる。

を実際に体験して頂きました。股関節屈曲の制限はハムストリングや臀筋と考えがちですが、IMACでは主動筋群で考えます。頭で理解してもらうより、体験することのほうが早いということを改めて感じました。

3人1組で、色々と動かし合ってもらいました。可動域の見方や感じ方、動かし方など股関節の屈曲と伸展だけですが、体験して頂きました。

IMACは体の状態を把握する一つの方法

IMACは一つの方法でしかありません。なので、これが全てではありません。今回参加頂いた方々は、それぞれバックグラウンドが違います。ヨガ、ジャイロ、鍼灸師、柔整師など現場がそれぞれです。IMACを通してカラダの状態を把握し、それを活用する方法はそれぞれに委ねられています。数名は本セミナーにも興味を持って頂いたようで、少しずつ仲間が増えるといいなぁ〜と思っています。

次回は6月30日、股関節の内転と外転です。

次回に関しては下記リンクにて詳細を記載しております。IMACに興味のある方でしたら、ご参加頂けます。動かして、違いを感じて、変化を体験してみる勉強会です。解剖の知識があった方が良いですが、なくても体験を通して学んで頂ければ大丈夫です。参加してみたい!と思う方はお申し込みください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.