完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

赤坂・飯田橋で活動中!姿勢改善で体を根本的に見直すパーソナルセッション

姿勢を根本から見直す6セッションコース

姿勢を考える上で大切な2つの能力

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

姿勢は形ではなく、立った時の感覚の結果です。

綺麗な姿勢になりたい人は多いと思います。猫背よりはスラリと背筋が伸びているほうがいいですし、反り腰によるポッコリお腹を解消したい人も多いと思います。ちょっと難しい内容かもしれませんが、ゆっくり読んでいただけると嬉しいです。

姿勢には大きく2つの能力が関わっている

地面に立つという動作は通常であれば誰でも出来ます。実はここあまり疑問を持たない人が多いのです(当たり前か!)。逆に考えてみましょう。上手に立てない状況を経験したことはありませんか?たぶん、こんな時です。

  • 酔っ払った時
  • 足が痺れた時
  • 床が大きく揺れている時
  • 超強い風が吹いている時

色々な状況で地面に立つことが難しい時を経験したことがあると思います。立つ動作は当たり前のように感じますが、実は様々な体の機能によって成り立っています。

1個目は姿勢平衡の保持の能力

地面に対して立ち続けることができるのは平衡感覚があるからですよね。平衡感覚というのは視覚・前庭・体性感覚の3つの機能を使って保っています例えば、坂道に対して立ち続けようとすると写真のようになると思います。

この写真は世界一急な坂道としてギネス認定されているBaldwin Streetの画像です。最大勾配は35度だそうです。この坂道で立ち続けようとすると写真のように重心を前に傾けるはずです。要は立ち続けようと意図を持っている場合、先ほど述べた3つの機能を使って立ち続けられるように体を操作します。この能力が姿勢平衡の保持する機能です。

2個目は姿勢定位の能力

定位という言葉が聞きなれないと思います。ググってみましょう。

ある事物の位置を一定にとること。また、その位置。
生物体が方向性をもった体位を定めること。また、その位置・姿勢。帰巣性・走性など。

と出てきます。要は、自分自身でどんな姿勢(形)をしているかを把握する能力です。皆さん自身はご自分がどんな姿勢をしているか絵に描けますか?案外分からないものです。友人や同僚、習い事の先生に「姿勢が悪い」と指摘されて初めて気づく方もいます。また、鏡で確認する人いる方と思います。この定位は「どんな形(状態)なのかを把握する」能力です。

今、自分がどんな姿勢でいるかを知る方法

これにはお友達が2人必要です。3人で姿勢の真似っこします。

  • まず、真似する人、真似される人を決めましょう。
  • その2人はお互いに向き合って立ちます。程よい距離感でお願いします。
  • 真似される人はその場で目を瞑って足踏みをしましょう。
  • 10秒くらい足踏みしたら、その場で立ちます。
  • 3人目の方が真似される人の姿勢を観察します。
  • 3人目の方が真似される人の姿勢を真似する人へ同じような形に変えていきます。
  • 真似する人と真似される人の姿勢の形を同じにしましょう。
  • 最後に真似する人の姿勢を2人で観察してみましょう

自分の姿勢が立体的にどうなっているのかを知るには面白いと思います。首が傾いている、さらに実はちょっとだけ回旋しているとか、手の位置や体の向きなどが色々とわかると思います。

だからと言って、それが悪いわけではないです

姿勢は左右対称で、よくネット出ているような真っ直ぐな姿勢が正しい姿勢だと思いがちですが、そんなこともありません。そもそも、左右対象とか無理です(笑)無理して良い姿勢をしようと体に余計な力みがあるほうが、体のバランスが崩れる人が実は多いです。まずは、へぇ〜こんな姿勢をしているんだと受け入れてください。

姿勢を改善するには3つの機能で考える

大きく2つの能力によって姿勢というものが成り立っています。なので、姿勢が悪いから猫背になるのではなく、猫背になるような動作(デスクワークなど)を行なっている結果、猫背になるのです。反り腰になるのは、決して腹筋が弱いだけではありません。そのほかにもたくさんの要因があります。姿勢というのは形ではなく機能で考えます。猫背だから胸を張る!とか、ぽっこりお腹のためにお腹を引っ込めるなどが本当に姿勢を改善する行為なのか、改めて考えてもらえればと思います。

姿勢を良くしたい、あなたへ

一度、セッションを受けに来てください。
一緒にご自身の姿勢について考えてみましょう。
↓↓申し込みは下記よりお願い致します。
セッションのお申し込みはこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.