完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

体を根本的に見直すパーソナルセッション/飯田橋・広尾

カラダを根本から見直す6セッションコース

知ってましたか?ヘアドネーションのこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

ヘアドネーション

ヘアドネーションのことを先日知りました。JHD&Cのサイトより引用させていただいています。

ヘアドネーションとは

頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
寄付された髪の毛は、当団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。

そして、そのヘアドネーションをするJHD&Cは下記のように記載してありました。

私たち JAPAN HAIR DONATION & CHARITY は、一般のドナーさまからヘアドネーション(髪の寄付)や寄付の受付けを開始した日本初の団体であり、それらのご寄付により医療用フルオーダーウィッグ『Onewig』を制作し、無償提供を行っているNPO法人です。

JHD&C(愛称・ジャーダック)は、小児ガンや無毛症、先天性の脱毛症、不慮の事故などで髪の毛を失ってしまった子ども達に、医療用ウィッグを提供することで「社会性の復権」をサポートし、子ども達の未来を守ることを目的として設立されました。

単なる流行で終わらせることなく、寄付に象徴される人々の助け合いや社会文化のために、この活動を定着させていきたいと当団体は考えています。その先には、私たちが理想とする「必ずしもウィッグを必要としない社会」病気や事故で髪をなくしても、クラスメートから奇異な目で見られることなく、これまで通り友だちとして接してくれる、そんな仲間や友だちがいる学校。

ウィッグを身につけなくても、電車の中でジロジロと見られない社会。いろんな髪型が個性として認められているように、“髪がない”ことも1つの個性として受け入れられる、そんな成熟した社会を目指して、微力ながらも活動を続けて行こうと思っています。

妻がバッサリ髪を切った

妻が美容室が帰ってきたときに私が「バッサリ切ったね」と感想を言うと、「実はね〜」という展開になりヘアドネーションについて知ることになりました。

実際に見せてもらった写真です。ヘアドネーションするにはいくつか条件があるそうです。その条件は下記を参考下さい。

概要だけ記載しておきますね。

  • 31cm以上の長さ
  • 引っ張ってしまうと切れてしまうほどのダメージでなければ大丈夫
  • 髪質・年齢・性別・国籍などは問いません
  • 完全に乾いた髪の毛

妻の場合は長さがギリギリで32cmで切ったそうです。

数年前に柴崎コウさんなども行っているようです。

寄付できるならとバッサリ切った

美容室に行く前、妻は「今回はどうしようか〜、残すか、切るか。」と少し迷っているというか、単純に決めかねてる感じでした。そうしたら美容師さんから「バッサリ切るなら、こういうのがあるよ!」と教えて頂いたのが「ヘアドネーション」だそうです。

妻は「それなら!」とバッサリ切ったようです。妻のこういう即決できるのは本当に尊敬します。実際には断髪式のようにバッサリ切るみたいです。妻は「ちょっと面白かった!」という感想でしたw

僕自身は髪の毛で貢献することはできませんから、折角なので多くの人に知ってもらえればなぁ〜という想いでブログを書かせてもらっています。

知った上で出来ることをする

ヘアドネーションのような寄付は知らないとできません。私は知っていることが大事だと思います。妻の場合もヘアドネーションするつもりで美容室には行ってません。ロングからショートにしようかと迷っていたり、長さが丁度良かったり、たまたま教えてもらったタイミングなどが重なった結果、寄付となりました。もう一度言います。

このような活動があることを知っておくことが大事!

何かのきっかけで「よし!今回はバッサリ切ろう!」と思ったのであればヘアドネーションを思い出してみてください。さっぱりすると同時に誰かに貢献できたという少し嬉しい気持ちになれるかも。

JHD&CのHPのリンクを下にもう一度貼っておきます。

誰かの笑顔に貢献できることは自分をも笑顔にするんだと妻を見て感じました。まずは知ることですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2017 All Rights Reserved.