完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

赤坂・飯田橋で活動中!姿勢改善で体を根本的に見直すパーソナルセッション

姿勢を根本から見直す6セッションコース

骨盤の歪みが腰痛の原因とは限らない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋・赤坂で活動中の竹野健太郎です。

腰痛は「腰に痛み」がある症状になります。実際には腰椎の圧迫骨折や内臓疾患でも腰痛が起こることがありますが、多くの場合は「非特異性腰痛」という明確な原因がない腰痛だと言われています。そして、非特異性腰痛の多くが「歪み」という言葉で片付けられることが多いです。

骨盤矯正って街のどこかに必ずある言葉ですよね。ブログでも、広告でも簡単に「骨盤が歪んでいるのが原因です」と言う言葉について考えてみましょう!

  • 骨盤ってどこ?
  • 骨盤が歪むってどういうこと?
  • 骨盤の歪みは原因ではなく、状態である
  • 大切なことは〇〇である

という感じで書いていきたいと思います。レッツらゴー!

骨盤ってどこ?

そもそも骨盤はどこのことを言うのか?丸で囲ったところです。

左側の赤い四角で囲っている骨盤は寛骨と仙骨という骨から構成されています。さらに骨盤だけ大きくしてみてみましょう。

白いものは全て靱帯や膜です。結構、がっちりしています。

骨盤は上半身を支える土台にもなりますし、地面から返ってくる力を上半身に伝える部分でもあります。また、人間の立位時重心が骨盤の辺りになるので、とても重要な部位になります。

骨盤が歪むってどういうこと?

結論から言うと俗語に近いです。屁理屈を言うと「骨盤は歪みません」。日常生活で骨盤の骨が歪んだら大問題です。一般の方が言う「骨盤の歪み」は画像のような「状態」を言っていることが多いです。

どこを見て判断している?

色々な整骨院や整体院に通われた方なら一度わ言われたことがある「骨盤が歪む」は、2つのことを目安にして言われていると考えています。

  • 踵(かかと)の位置の違い
  • 骨盤にある骨のマーカー(ASIS)の高さの違い(赤い丸)

これはプロメテウスという解剖書ですが、これでも微妙に左右非対称だと思います。皆さんから見て右側の方が下の位置にあると思います。解剖書でさえ、というと言葉が大きいですが、左右が違うことは当たり前だったりします。また、厳密に左右の差を測ることが現場では難しいです。多くの施術者が親指を当てて確かめている程度ですから、正確性という意味では程遠いですね(汗)

骨盤の歪みは原因ではなく「状態」である

骨盤の高さなどは立ち方によって変わります。
若い女性は左から2番目のイメージをお持ちの方が多いと思いますが、案外真ん中だったりもします。骨盤が後ろに傾くことを「後傾(こうけい)」と言いますが、こんな状態でいる人が多いです。

大切なのは全体である

骨盤が歪む理由の説明に多いのが「姿勢が悪い」とか「脚を組む」とか「片足重心が多い」とか色々とありますけど、では、それらをしてしまう「理由」は何?と聞きたくありませんか?

骨盤が歪んでいる=高さや傾きが通常とされるものと違う状態である。

では、その原因は?

↓↓姿勢については下の記事を読んでください
姿勢を考える上で知ってほしい2つの能力

↓↓眼の問題で頭が傾くこともあります。下の記事をチェック!!
姿勢と眼についての体験。谷町眼鏡店

原因は本当に色々と考えられます。骨盤の状態も立っている状態、座っている状態、寝ている状態でチェックします。体幹部を捻ったり、股関節を曲げたり・開いたりすることで把握します。

↓↓チェック方法を知りたい方はこちらをクリック
IMACという評価で「動き」から体の状態を把握する

骨盤には股関節という関節が存在し、骨盤の上には胸郭が存在するため、骨盤だけの検査で判断を委ねるのは、少し情報不足になりがちです。体全体の状態の中で骨盤がどのようになっているかを見ながらアプローチしていきます。

すぐに「骨盤が歪んでますね〜!」という人は要チェック!!

骨盤が歪んでいますね!と言って心が落ち着く人もいますが、骨盤が歪んでいるを連呼する人には注意しましょうね。簡潔に分かりやすくお伝えすることも私たちの仕事ですが、だからと言って適当でもいけませんよね。

おまけ

私が整形外科・整骨院時代も含めて7年間で多くの腰痛持ちの方に施術を行いましたが「骨盤がどう歪んでいるのですか?」という質問に答えられる方はいませんでした(意地悪な質問です(笑))。言葉に縛られすぎないように気をつけてくださいね。腰痛=骨盤が歪んでいるとは限りません。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.