完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

手技使って、カラダを見直すパーソナルセッション/飯田橋・広尾

本来ある状態にカラダを整える6回コース

笑顔でいる準備があること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋・赤坂でカラダを見直すセッションを行なっております。竹野です。

今回は雑感ブログです。

最近、ちょこっと思ったことが大切なことかぁ〜と思うのでシェアしたいと思います。

近しい人が大病を患った!

実は4月終わりから家族が大病を患い、2回の手術を行いました。

今は元気に過ごしていますのでご心配なく!!大丈夫です!

家族が病気になるというのは、思っている以上に周りに不安が襲います。もちろん、本人の恐怖が一番だとおもいますが家族にも負担はかかるのものです。

今回は闘病についてではなく、担当してくださった大学病院の教授の一言をご紹介したいと思います。

笑顔で過ごしなさい

病気の診断後、手術までの期間が1ヶ月ほど空いていました。家族も、ここまで大きい病気は初めてだったので不安がありました。その中でこんな会話が私にとっては印象的でした。

手術まで、どのように過ごせばいいですか?

家族

普通に過ごしてて構いません。ただ、笑顔で過ごしてください。

教授

その後、診察が終わった後に私にこんなことを言いました。

笑顔で過ごすって言われてもね。どうしたらいいかしら。

これをキッカケに考えてみたら、何が楽しくて、何が面白いって感じるのかを。とりあえず、探すって大事!テレビでも、読書でも、お友達とお茶でも、なんでもいいんじゃない。とにかく笑顔でいられるように好きなことをやってみれば。

笑顔でいることは健康的にも良いとされています。楽しいと思うことや面白いと思うものに対して脳が活性化したり、笑顔によって自律神経が副交感神経優位(リラックスする)になったりすることで体の免疫力が向上するそうです。

笑顔でいることを大切にした「大学教授」

大学病院の教授ですから、家族が患った病気の専門医です。たぶん、とてもつもない数の症例や患者さんを経験されている先生です。その先生が「笑顔で過ごしなさい」と仰ったのは病気を患った家族には必要な言葉です。ただ、笑顔で過ごすことを改めて考えてみると難しいんですよね。

自分を笑顔にすることは何かを考えてみる

皆さんが皆さん自身を笑顔にすることは何でしょうか?折角、読んで頂いているので考えてみてください。

ここに正しいも悪いもありません。人に迷惑かけたり、悲しませたりはいけませんけどね。

皆さんがワクワクすることは何でしょうか?

皆さんが大笑いすることは何でしょうか?

その瞬間はどんな時でしょうか_?

皆さんがニヤってしちゃうことは何でしょうか?

皆さんの心が満たされることは何でしょうか?

皆さんが心の底から感動することは何でしょうか?

考えてみてください。そして、実際にやってみてください。

その時、どんな感情になっているかを感じてみてください!

皆さんは、皆さん自身を笑顔にする準備はできていますか?

おまけ

家族は元気に過ごしております。

大丈夫です。

改めて色々と考える時間になりましたね。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.