完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

赤坂・飯田橋で活動中!姿勢改善で体を根本的に見直すパーソナルセッション

姿勢を根本から見直す6セッションコース

足首が硬い!原因として考えること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋で体を見直すパーソナルセッションを提供しています。竹野です。

今日は「足首が硬い!」と思っている方へ、関節や筋肉とは別視点でお伝えしたいと思います。

足首が硬いと「ストレッチ」となることが多いと思いますが、私の場合は今日お伝えすることを考えながら足首の状態をチェックしています。

ぜひ、足首でお困りの方は読んでみてください。

足首が硬いというのは

まず、足首周りについて簡単に説明します。下記の図を見てくださいね。

緑の丸で囲った部分を「距腿関節」と言い、皆さんがよく知る「足首」になります。足首が硬いことは、この距腿関節の動く幅が狭くなることを言います。狭くなる原因としては下記が考えられます。

  • 関節の適合性が悪い(関節のゆがみがあること)
  • 筋肉の緊張がある(筋肉が硬いこと)
  • 神経の問題
  • 足首周りにある結合組織の問題(支帯など)
  • 姿勢の問題(重心位置と荷重の位置)

今回は一番下にある姿勢の問題についてお話しをします。できる限り簡単に書いていけるように努力したいと思います。

重心は足のどこを通っているのか?

人間の体には重心線というのが通っています。下記のようなラインです。

これの「Ankle」の部分です。Ankleは英語で足首のことを指します。ここを拡大します。

かなりアバウトな図ですけど、ご勘弁くださいね。

本来は緑色のラインを通っていると言われています。まずは、足首のこの辺りを重心線が通っているんだと思ってください。

足首が動くにも2種類ある

足首が硬いという方が、なぜそう思ったかを聞くと多くの人がかかとを着けたまましゃがめないそうです。

話が逸れますが、しゃがめない=足首が硬いとは思わないように気をつけましょう!!

しゃがめない理由は多数存在するからです。足首以外にも実はあるんです。

さて、話を戻します。足首の動きを考えるときは2種類を考えます、

  • 足の裏が地面から離れている時
  • 足の裏が地面から離れていない時

図にすると下記のような感じです。まずは地面から離れている時はスネが動かずに、足部(足の甲)が動きます。

次に地面から離れていない時、これは足部が動かずに、スネが動きます。

どちらの動きも大切ですが、何か運動したり、歩行したりする時は2つ目の画像の動きが大切になります。

重心の移動と足首の動き

足首の動きに関わる大きな筋肉の一つとして「下腿三頭筋」が挙げられます。この筋肉は体が前方に倒れるのを防ぐ役割を持っています。転倒することは「支持基底面から重心が外れる」ということです(難しくて、ごめんなさい)。要は何が言いたいかというと「重心の位置」というのは姿勢や運動に置いて、とても大切だとお伝えしたいのです。さて、足首に話を戻しますが、下記の図を見てください。

重心の位置が前に移動する

下腿三頭筋が緊張する

足首の動きが悪くなる

個人的には雑過ぎる説明です(笑)。要は多くの人が「筋肉が硬い・関節が硬い」と仰るケースが多いですが、そもそも足関節が動きやすい位置に「重心」がないことも、一つの原因です。以外に多いです。

足趾(足の指)に力が入りやすい人も要注意

立っている時・歩いている時などに足の指で踏ん張る癖を持っている方も「重心の位置が前に移動している」可能性があります。1前目の写真はハンマートゥーという形の指の使い方。

2枚目の写真はクロートゥーという指の形です。

どちらの形しても「長趾屈筋」という筋が緊張しやすくなります。この長趾屈筋はふくらはぎから始まり、足首の後ろを通って、指に付いています。そのため、足首の動きに関わりを持っています。この緊張し続ける状態であっても足首の動きは悪くなります。

改善する方法

では、改善する方法としてオススメしているのは「体全体の動き」から考えることです。

 

重心の位置が何かしらの影響で前に移動する

 

これって色々な理由があります。

  • デスクワークで目を酷使している人
  • 猫背の人
  • 呼吸が浅い人
  • 脚を怪我したことがある人
  • 食事の質が悪い人
  • 妊娠・出産後の人

この他にも色々な理由が考えられます。これらの原因を一から探すことよりも、常に体がどんな状態でいることが体にとって良い状態なのかを考えます。

足首のストレッチをしてもなかなか変わらないなぁ〜と思う方は「体全体を見てあげてください!!」

何かが出来ない!例えば「股関節が詰まる」「背骨の動きが悪い」「膝が痛い」などにも言えますが、その部位(痛い場所など)と全体の状態の両方を考えることが、あなたの体のお悩みや問題を解決する上で大切なことです。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.