完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

赤坂・飯田橋で活動中!姿勢改善で体を根本的に見直すパーソナルセッション

姿勢を根本から見直す6セッションコース

自分が活用しているIMACについて改めて書いてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋・赤坂で活動中です。体を見直すセッションを提供中。竹野です。

先日、第7回IMAC勉強会でした。こちらの詳細は別の機会に致しますが、その際に色々と質問があったことに答えていたら頭が整理されたので、ここで書いておこうと思います。

↓↓IMACを知りたい方はこちらをクリック
IMACについての詳細はこちらから

IMACは基本原則が大切です!!本当に大切です!!その上で「チェック」と「アプローチ」について書いてみました。

体の状態を知る「体チェック」である

セッションの中では色々な症状やお悩みを持っているクライアントさんがいます。

  • 腰が痛い
  • ランニングすると膝痛い
  • ダンスすると背中が痛い
  • テニスすると肘が痛い
  • 日頃の肩こりが辛い
  • 朝起きるときに腰が辛い

という痛みを抱えた人。

  • 水泳のために肩の柔軟性を向上したい
  • ゴルフでもっとスムーズにスイングしたい
  • 楽に走れるようになりたい
  • 楽に綺麗に歩くようになりたい
  • 健康で居続けたい

という何かの目的を達成したい人。

色々な人がいらっしゃいますが、どんな方であってもIMACは「可動域」というもの中心に使って「体の状態を把握する」ということをします。

例えば腰痛の場合、病態の把握するテスト(整形外科的徒手検査)を行い、病院での治療が現状として必要ない場合は、体幹部だけでも下記の動きを行い、上手に動けているかをチェックします。可動域制限がある動きが上手に機能していない部分になります。(痛みがあるから動けないは今回は割愛します。)

座った状態から

前屈(前に曲げる)

前屈(前に曲げる)+ 回旋(捻る)

回旋(捻る)+ 側屈(横に曲げる)

後屈(後ろに反る)

後屈(後ろに反る)+ 回旋(捻る)

↑↑こんな感じに行います。これは前屈の場合です。

さらに寝た状態や股関節の動き(20種類前後)を加味して体の状態を把握します。「可動域」というものを中心に体がどんな動きをしていて、どんな状態なのかを把握することがIMACの魅力です。

評価で得られた「体の状態」を整えること

体チェックで得られた「可動域制限=動きが上手にできない部分」を改善していきます。実はIMACは改善の方法に決まりはありません。私の場合は徒手=手を使ってアプローチをしていきますが、実際にはエクササイズでも改善する場合もあります。現在のIMACのコースも「制限」に対して、それを改善する手法も学べます。

↓↓のように手を使ってアプローチする場合もあります

↓↓のように丁寧に関節の位置を調節する方法もあったりします。

可動域の変化は柔軟性が向上するだけではなく、感覚入力の変化などが起こります。この感覚入力の変化が姿勢の変化を生み出すことへ繋がったりします。

まとめ

可動域というシンプルなものですが、可動域からわかるものも実はたくさんあります。

  • 関節のポジション
  • 主動筋と拮抗筋のバランス
  • 筋緊張の状態

可動域は角度だけではなく、その動きの質も大切にしています。だからこそ、ちょっとした制限の改善が全体に波及することもあります。

ただ、だからと言って万能なわけでもありません。それ以外でアプローチする必要もあります。ただ、クライアントさんの体を何も知らない状態でスタートするときにIMACはコンパスの役割を果たしてくれます。IMAC以外のテクニックを使った場合でもIMACは変化を確認する一つして活用できます。これからも、精度が上げらるように色々と経験していきたいと思います。

 

明日は天候の不安もありますが、IMAC-EROMが東京で初開催です。
どんな雰囲気になるのでしょうね〜。楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.