完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

体を根本的に見直すパーソナルセッション/飯田橋・広尾

カラダを根本から見直す6セッションコース

ショルダープレスのポジションが取りきれない原因は前鋸筋!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

飯田橋で「体を見直すセッション」を提供しております。竹野です。

先日のpalpation勉強会の受講者(以下、彼)がショルダープレスのポジションで外旋のポジションが取りきれない、何か違和感があったので短い時間でアプローチしてみました。

ショルダープレスとは

ショルダープレスって肩を鍛えるトレーニングです。こんな動きをするエクササイズなどと思ってみてください。

※私が指導する内容とは違います。

このショルダープレスの赤い丸で囲ったポジションに違和感があるということでした。

腕の捻じれなども考慮するのですが、彼の場合は腕自体の捻じれが少ないため、今回の勉強会の内容も含め肩周りをチェックしてみました。

↓↓腕の捻じれについては下記記事を参考に

上肢・下肢のラインとは

外旋というと棘下筋だけど・・・

肩関節の外旋というと、棘下筋という筋が頭に浮かびやすいです。同じ位置にある小円筋も外旋筋としての役割を果たします。

私が活用しているIMACの考え方には下記のような考え方があります。

各関節で3軸全ての動き(屈曲・伸展、外転・内転、外旋・内旋)を考えた際、各可動領域に対応する主要筋肉がある。すなわち、各筋肉が担う特定の機能がある。

どのように考えるかというと、先ほどのショルダープレスのスタートポジションで違和感があるとします。

その場合、肩関節の外旋に関わる筋の全てが対象になります。実は色々とあります。

  • 肘を伸ばした状態での外旋
  • 肘を曲げた状態での外旋
  • 肩関節の外転角度の違いでの外旋
  • 肩関節の水平内転での外旋
  • 頚部の回旋による影響

色々な肩関節の外旋がありますよね。

実際に様々な可動域チェックを行ってみました。その結果・・・。

一番、制限があったエリアは前鋸筋

制限が考えられたエリアは下記の写真の位置です。

制限の原因というのは非常に難しくて、彼の場合は重心の位置や呼吸の状態、食生活を含めた生活習慣などが少しずつ重なったことが考えられますが、要はよく分からんというのが正直なところです。

ただ、制限のあるエリアというのは肋骨の幅が狭い感じがしたり、圧痛を感じることもあります。彼の場合はそのエリアの弾性力や組織の被圧感がありました。そこへ今回は手でアプローチを行いました。

結果として、ポジションの違和感がとれる

アプローチを受けた彼が言っておりました。

今、どこにアプローチしたのですか?

私が前鋸筋と広背筋のエリアかな。

なんですか?と再び聞く彼。

私は「制限があったから」とだけ。

なんか、ごめんなさい。そっけない感じですが、その場では説明させていただきましたがIMACでは可動域で体を見るということをお伝えさせて頂きました。IMACの本セミナーでは考え方が学べる機会があります。とだけ言っておきます!!!

私が「どう?」と聞くと

彼が「さっきと全然違います!」と答える

良かったです。実際には永続するとは考えにくいですから、そのポジションが取れ続けるようにセルフで行えるようにしたり、定期的にメンテナンスを受けることもいいかと思います。

体に目を向けること

何かが出来ない時に「スキル」と「フィジカル」があります。私の場合、お手伝いできるのは「フィジカル」です。

例えば、こんな方達は一度体に目を向けて見ましょう。

  • ベンチプレスで胸に刺激が入りにくい
  • ラットプルダウンで外側に入りにくい

などの筋トレするけど、刺激が入りにくい種目がある人!!

もしくは、こんな方も体に目を向けて見ましょう

  • 水泳でストリームラインがとれない
  • ゴルフのテイクバック・フォローが上手にできない
  • ランニングすると決まった痛みが出ること
  • ヨガのポーズが上手にできない

などなどスポーツや特定の動作が上手にできない人!!!

スキルは十分なフィジカルの土台の上に成り立ちます。一度、体に目を向けてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2018 All Rights Reserved.