完全予約制です。予約ページより予約を承ります。

体を根本的に見直すパーソナルセッション/飯田橋・広尾

カラダを根本から見直す6セッションコース

浮き足趾!身体を支える支持基底面:セミナー内容一部公開!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

足趾(足の指の役割)

足趾の色々とある役割の一つは支持基底面を広げることです。そして支持基底面の話に欠かせないのがバランス(平衡)です。人が立っている姿勢を維持するには支持基底面内に重心が収まっている必要があります。重心が支持基底面を外れると必ず転倒します。

足趾が地面についていること

先に結論から言うと「足趾が機能していること」は支持基底面を拡げることになります。そして、支持基底面が拡がることはバランスを維持するうえで大切な一つの要素になります。

膝を曲げてもらった状態で足趾の状態を見ます。膝の曲げ方や股関節の状態にもよりますが、できるだけラインを整えた状況で足趾の状態を観察します。写真のように母趾球が地面に接地していないことが多いです。

アプローチをしてみると

これだけでもクライアントさんの感覚としては「地面に足がついている感覚ってこんな感じなんだ!」と驚かれます。足部が足部として機能することは転倒予防や姿勢に大きく関わってきます。

足趾の状態をみる

これから2枚の写真を見てもらいます。1枚目は男性、2枚目が女性です。

なんとなく違いがわかりますか?わかりやすいように1本線を引いてみましょう。

ざっくり言えば、中足骨に対する足趾の位置も評価になります。1枚目の男性の足趾は浮いている状態に見えますが、実際の立位姿勢では足趾は地面に着いています。どちらかというと踵の接地が甘いと考えることが多いです。なぜ、足趾が浮いている理由は足部だけの問題ではないことが多いので、その点についてもセミナーでお話しできればと思います。

支持基底面を拡げる

支持基底面は両足の裏面とその間の領域となります。図にするとこんな感じ。雑ですみません。

先ほど書いたように足趾が浮いている=立位姿勢時に足趾が設置していないではないです。ただ、足趾があの状態だと足底が適切に接地が出来ていない可能性はあります。支持基底面を拡げておくことはバランスを保ちやすくなる一つの要素です。普通の立つことと、つま先立ちのどちらがバランスを保持しやすいかを考えるとわかりやすいと思います。地面と唯一接地する足部・足関節だからこそ機能的に使えるようになりたいですね。

12月17日セミナー

詳細が決定しております。下記のボタンをクリックしていただければ見れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
カラダを整え、動くカラダへをテーマにセッションを行っています。IMACやリアラインコンセプトを中心とした手を使ったセッションとエクササイズを中心とした運動指導でより良い快適な身体になるための指導を提供しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© take no karada life , 2017 All Rights Reserved.