竹野健太郎のボディワーク

スポーツコンディショニングセッション

より良いコンディショニングのために

スポーツコンディショニングでは、取り組まれているスポーツなどがより良いパフォーマンスを発揮するために、身体を調えるセッションです。

 

主な内容として、

  • 可動域制限を取り除いていくこと
  • 筋肉のトーンを落ち着かせること、
  • 痛みがある場合は、それを取り除くこと
  • 呼吸を深くすること

 

となります。気になる方は「体験セッション」からお申し込みください。

痛みの改善

痛みを抱えている場合、2つの点で身体をみていきます。

①痛みがある場所の状態
②痛みを抱えている身体の状態

 

①痛みがある場所の状態

これは、痛みがある場所(腰・肩・膝など)が腫れているのか?、熱があるのか?、動き方はどうなのか?、など局所的な部分をみていきます。場合によっては、専門機関(病院など)をご紹介するケースもあります。

 

②痛みを抱えている身体の状態

例えば「肩の後ろ側が痛い」という場合です。肩関節の動きは局所的な考えですが、それ以外に頸の動き方、背骨全体の状態、股関節や足関節の状態、バランス能力の状態など、全身の状態を把握することです。

 

 

この2点を大切にしてセッションを行っていきます。ここでは、整形外科・整骨院で学んだ「痛み」を改善していくことを中心としたセッションを行います。

動きを再構築するために

痛みを引き起こしやすい動作を改善していきます。動作を改善することは非常に慎重に行います。

 

 

痛みというのは、非常に複雑なものです(ブログを参照)。特に慢性痛の場合は「新たな学習」が必要になっていきます。

痛みを改善していく中で新たな動き方を学んでいくことは、競技や趣味を長く続けていくために必要なことです。

スポーツコンディショニングでは、痛みの改善だけではなく、動作の改善も視野に入れて行っていきます。

より成長するために

スポーツコンディショニングのトレーニングにも言えますが、より成長するために「自分の身体を知ること」が大切になります。また、身体に対する情報、パフォーマンスに関する情報の取扱も大切になります。

 

 

スポーツコンディショニングでは、より成長するために「頭の整理」「身体のフィードバック」「エクササイズ指導」など包括的に行います。